ホロスコープメニュー

今後ホロスコープをメニューにしていけるように、練習がてら自分のネイタとトランジットの二重円をたまに見て勉強しようかと思っています。
独学で占星術の本を読んだ程度の私が鑑定など烏滸がましいと考えていたのですが、占い、セラピストとしての経験値が大先輩である友人のホロスコープを見させて貰った時に、その程度見れるならメニューに入れてみてもいいのでは? と言って頂いたのと、まあ、やっていくうちに段々と自信もついてくるかなあと思ったので、とにかく練習をしようと思います。

あまりトランジットを気にすると細かいことが気になってきりがないから、出来るだけ見るのをやめようと思っていたんですが、自他のネイタルのアスペクトをみる「練習」をするにあたり、練習台になってくれる方ってそんなにいないよなあ。と。
それなら、トランジットなら常に「そこにある」ので、練習にはいいかなと思いました。
ほんとに、気が進まなかったのですが。

今日改めて自分の二重円を見て、四重合を持つ自分がいかに星の影響を受けやすいか改めて実感しています。
…だから二重円を見たくないんですよね。
私の人生のしんどさ、重さってカイトじゃないよな。四重合(コンジャクションしている星が4つ)だよな。
まあ、四重合がカイトの鍵となる頂点にキテるのが大きいんだけれども。
いまだに自分のネイタルを見ると怖いです。
グランドトライン+オポジションの複合アスペクトであるカイトのオーブが0度。
私にとってのサビアン12度ってなんなんでしょう。

私はどんな意図を持って何を目的として生まれて来たのだろう。
その問いが、今少しずつ明かされている気がしますが…。  
さて、それではさくっと私の二重円を見ていきます。
トランジットで金星、冥王星のトラインがあって、そこにネイタルの乙女座太陽が入るとグランドトライン、トランジット海王星を合わせるとカイトになります。
人生の目的が見つかったり、行動していくことが出来るとき。

私の太陽はとても弱い(オーブ多目に取った上で海王星スクエアのみ)のでいつも太陽の陰が薄い。
私は自分を理想だけの中身のない人間だと思っています。それは海王星太陽スクエアの影響です。
よく出れば政治家、芸能人。
悪く出れば違法な薬やギャンブル借金たちの悪い恋愛にハマるなどなど。
まだオーブがあってよかったですけど…。
しかし、このアスペクトの使い方を最近悟りました。「思想」を持つことです。
どんなに弱くても太陽を無視して生きていくことは出来ません。
そのために行動していく時期。
乙女座のテーマは清く正しく世のため人のため。
他にどのような星を持っていても太陽のテーマを無視すると仕事も恋愛も上手くいきません。乙女座に生まれた人間の宿命です。

トランジットの火星が、ネイタルの金星、火星、冥王星、(少しオーブはありますが)水星の四重合とスクエア。
すっごいイライラしやすい時期。
フラストレーションを上手く行動に移せればいいのでしょうが、ネイタルの冥王星が絡んでいるので、グワングワンと場が揺さぶられる。
加えて四重合にトランジット木星がコンジャクションなので星の力は倍増中。

怒り、激しさ、欲求、宿命、使命、女性性、優しさ、思考力、発想力などが倍増している状態で更に火事が起きている。
感情を象徴するネイタルの月もスクエアなので、火事は月、火星、金星、冥王星、水星の5天体で起きている。

そりゃ疲れないほうがおかしい。
まあ、命は燃やし尽くすためにあるもの。
仕方があるめーよ。
そういう時期。転機?


うーん、二重円の時はさくっとホロスコープさんじゃない方が見易いかもなあ…アスペクトラインの角度が…

あ、生年月日出生時刻がある程度わかる方で、私の練習台になってくださる方がいらしたらメッセージ下さいね。

心鐘の里 (こころのさと)

OSHO禅タロット・神々の心のタロットを用いたカウンセリング&ヒーリング