オープンダイアローグ

オープンダイアローグという概念がある。
統合失調症に対して、薬を使わずに対話だけで回復を目指す地域の形である。

日本に中途半端に輸入されたそれは、『医療』の形にされてしまった。
しかし、本来ならば、医師から離れなければまず意味がない。

先日出席した職場の勉強会ではさいたま市東浦和にある、だるまさんクリニックの院長である西村明生氏の話を聞くことが出来た。

西村明生先生の実に素晴らしいところは、私は医者が偉いとは全く思っていませんが「困ったときの答えを『偉い人(精神科医)』に求めてしまったら全く意味がありません」と言い切ったところ。
医療モデルではなく、(医者以外の)市民、地域のモデルであるべきでしょう。本来は、そうであるのだから。

日本において、フィンランドのようなオープンダイアローグは実現可能か。
国民性として、難しい部分もある。
でも、そこをどうにかしていきたい。
医療ではなく、哲学、考え方であるならば、『福祉』や『NPO法人』でやればいい。
同じ思想をもった人たちが、集まればいいと思う。



告知

癒しフェア2017 in Tokyo
8月5日(土)10時~14時
『占いカフェ&スクール 神々の森神社café』のスペースに、神々の心のタロットセラピストとして出ます。
セラピストネームは萩原江美です。
神々の心のタロットは、日本の神話をテーマにして作られた『和』な雰囲気のタロットを使った占いです。


心鐘の里 (こころのさと)

OSHO禅タロット・神々の心のタロットを用いたカウンセリング&ヒーリング