プロフィール絵を描いていただきました。

こんにちは。
あなたの心の鐘を鳴らしたい。
タロットセラピスト萩原江美です。

(ちょっと試しに言ってみたんですが…なんだか照れが入ってしまっていまいちノリきれてませんw )

精神福祉の仕事をしながら、タロットセラピー、アクセスバーズなどを学び、人の心と体を癒す方法を模索しています。
そして、そのノウハウを布教をしていく方法も合わせて模索しているところです。
個人的に癒しの技術を磨きたい、セラピストになりたいと思っていたこともありますが、癒しが必要な人は精神福祉の中にすでに沢山いるのに、近くにいる人を救わずにほかの癒しの世界に転職するのも、なんだか違う気がしました。
それよりも、いずれ私自身が理想の精神福祉の世界を作っていけたらいいと考えるようになりました。
目指すはNPO法人の設立。
しかしその前に、理念、コンセプト、そして人の心と体を癒す方法を確立していきたいと考えています。
過日、癒しフェアに参加してタロットセラピーをしたのですが、今後も何らかのイベントに参加していきたいと思いますし、イベント以外でも近日、モニター募集をしてみたりしたいと思っています。
今日は長くなってしまうのでモニター募集の詳細は別の日に書きます。


良かったら是非こちらの記事をご覧下さい。↓↓↓

ほほ笑み☆ヒカリ絵クリエイター麻子さんに、ヒカリ絵に続き、プロフィール絵を描いて頂きました!

絵のデータを送って頂いたとき、2歳の娘に見せると『ふぁ~~! ママ~! ぱんぱん!』と言いました。
その後、『ママ~! ぱんぱん!ぱんぱん!』と何度も繰り返しました。

ぱんぱん!って言葉は、神社やお寺が大好きな娘が、境内や仏像を見ながらお祈りするときに必ず言う言葉です。

ママの絵であると分かっている様子なのに、『ぱんぱん!』て…?!
神仏扱い(笑)…?
娘よ…君は何を感じたのかな?!


心を癒すものであるタロットセラピーは、イベントに出たりモニターさんを占わせて貰ったりする機会に恵まれていましたが、アクセスバーズや気功については学んだり伝授を受けたりしたものの、なかなか実践を積む機会に恵まれなかったので(というか、自信がなくて尻込みしていたので)、今後は臆せず取り組んでモニター募集をかけいきたいと思いました。



ちなみに、以前描いて頂いたヒカリ絵はこちらです。

前回、このヒカリ絵を描いて頂いたおかげで、私は自分の進むべき道に確信を持つことが出来たのです。

そして今回のプロフィール絵には、自信がなくていまいち踏み出せなかったこと(心だけではなく、体の方のヒーリング)を、これからやっていってもいいんだよと、後押しをして頂いたような気がします。


麻子さん、本当に素晴らしい絵を描いて頂き、ありがとうございました!

心鐘の里 (こころのさと)

OSHO禅タロット・神々の心のタロットを用いたカウンセリング&ヒーリング