感じる力 瞑想で人は変われる

"感じる力 瞑想で人は変われる (PHP新書)"(吉田 脩二 著)
こちらから無料で読み始められます: http://a.co/aMSEL2h


読後感いいなあ。
こころの紐解き方が絶妙。
日本人が社会の仕組みに毒されたのは戦後、せいぜい明治維新後くらいかと思ってたけど、実際は狩猟採集の縄文時代が終わり農耕が始まった弥生時代からすでに神経症的病巣があったというのが目から鱗でとてもスッキリした。
(こういう言い方はしてないが。)
人は本来の自然人に帰りたい。大衆の中から生まれたその心の叫びが、太宰治の再評価に繋がっているとか、ほんとに、ストンと落ちて分かりやすかった。
精神科医の著書としては泉谷閑示氏のものと同じくらい面白かった。
思考、感情をアナログ、デジタルという言い方で説明しているのも腑に落ちた。
PTSDと、社会、家族の病巣、時代。
こころを紐解くキーワードが増えて非常に良かった。
癒しを求めて読んだが、思わぬ所で収穫があった。
セラピストは読んで置いた方がいい本だと思った。

心鐘の里 (こころのさと)

OSHO禅タロット・神々の心のタロットを用いたカウンセリング&ヒーリング